医療法人名南会標準大きく最大個人情報保護方針お問い合わせはこちら

ホーム > ニュース > 行事案内 > 

ふれあい病院ニュース

行事案内

日本慢性期医療学会で研究発表を行いました。

テーマ 「慢性期治療力を高めよう〜高度急性期から慢性期への最高のバトンタッチを〜」

名古屋国際会議場 2015年9月10・11日 
日本慢性期医療学会で下記演題、5名の職員が研究発表を行ってきました。 

・「食事・嚥下への関わり方を見直して
   〜作業療法士、16年目の挑戦!〜」
            作業療法士 磯部 恵 
・「脳梗塞により閉じ込め症候群を呈した症例
   回復期から介護療養病床への退院経過報告」
            言語聴覚士 田宮浩司
・「ターミナルケアでの関わりを通して
    〜やりたい事を実現する終末期〜」
            介護福祉士横山立樹 
・「介護保険サービスと障害福祉サービスの併給事例の分析
  −利用に繋がるための促進・阻害要因に焦点をあてて−」
            医療ソーシャルワーカー 石田真理
・長期療養のなかで活動性向上した一症例
             〜病棟と連携して〜
            理学療法士 山田美紀

 

▲ このページの先頭にもどる

広報誌等「5丁目すまいる」

医師採用のご案内サイトへ

名南会関連サイト

  • 医師をめざす方へ
  • 看護師採用案内
  • 名南病院
  • 名南病院中川診療所
  • 老人保健施設かたらいの里
  • 名南訪問看護ステーションきずな
  • 名南ヘルパーステーションきずな
  • 医療法人名南会
  • そらっこ病児保育室

愛知民医連のサイトへ

全日本民医連のサイトへ

名南ふれあい病院フェイスブックページへ

AICHI WISH 認証マーク